歴史の余白

内外の埋もれた歴史を再発見するブログ

クルド人の軌跡

クルド人の軌跡(連載第3回)

一 クルド人の形成 イスラーム化と地域首長国の形成 中世におけるクルド人の活動が史料に現れるのは、10世紀半ばである。それまでクルド人は国家的なまとまりを持たず、部族ごとに遊牧生活を営んでいたと考えられるが、10世紀になると地域ごとにいくつか…

クルド人の軌跡(連載第2回)

一 クルド人の形成 民族揺籃期 初回でも見たように、クルド人の発祥は謎に包まれているが、クルド人自身の伝承によれば、クルド人はメディア人の末裔であるとされる。メディア人はイラン北西部を拠点とし、紀元前8世紀から同6世紀にかけて強力な王国を形成…

クルド人の軌跡(連載第1回)

一 クルド人の形成 謎に包まれた発祥 クルド人は、国家を持たない世界最大民族集団(総人口約3000万人)とも呼ばれるが、それは近現代において、ごく短期間を除き、独自の国民国家を形成することがないまま、トルコ、シリア、イラク、イランを中心とした…