歴史の余白

内外の埋もれた歴史を再発見するブログ

ユダヤ人の誕生

ユダヤ人の誕生(連載第6回)

Ⅱ 「出エジプト」の真相 (5)ヒクソスの駆逐 旧約の出エジプトはそれだけで一冊の書にまとめられた壮大な物語である。それによると、ヤコブ一族のエジプト定着後、ユダヤ民族はエジプトで地歩を築いていたが、ユダヤ民族が増えすぎたことから、ファラオは…

ユダヤ人の誕生(連載第5回)

Ⅱ 「出エジプト」の真相 (4)「入エジプト」の経緯 旧約で最重要のトピックと言えば、「出エジプト」である。この物語は聖書を超えて、ユダヤ民族にとってのバックボーンでもある。カナンの地を本貫としたユダヤ民族にとって「出エジプト」は当然「入エジ…

ユダヤ人の誕生(連載第4回)

Ⅰ ユダヤ民族の原郷 (3)聖書カナン人と原カナン人 前回、ユダヤ民族は「カルデアのウル」から約束の地カナンへ移住してきたのではなく、初めからカナンに居住していたと述べた。この考えによれば、ユダヤ民族にとってカナンは神から約束された異郷ではな…

ユダヤ人の誕生(連載第3回)

Ⅰ ユダヤ民族の原郷 (2)アブラハムの出身地 旧約では、民族始祖アブラハムの出身地を「カルデアのウル」とする。このウルとは、三代にわたってシュメール人の都市王国が栄えたメソポタミア文明圏の由緒ある故地ウルと同一視されている。 アブラハム(旧名…

ユダヤ人の誕生(連載第2回)

Ⅰ ユダヤ民族の原郷 (1)ユダヤ人とユダヤ民族 「ユダヤ人」という語は、複合的な用語である。そこには、宗教としてのユダヤ教を信じ実践する者、要するに「ユダヤ教徒」という含意とともに、ユダヤ教を創出した民族としてのユダヤ人という含意が二重に込…

ユダヤ人の誕生(連載第1回)

序論 民族としてのユダヤ人は、おそらく日本人と並んでその出自が神話に満ちた民族である。それは日本人の出自が『記紀』に見える日本神話に依拠していることと似て、ユダヤ人の出自がユダヤ教聖典である『旧約聖書』(以下「旧約」と略す)に依拠しているこ…