歴史の余白

内外の埋もれた歴史を再発見するブログ

私家版アイヌ烈士列伝(連載第1回)

 アイヌ民族は、その歴史を通じて、国家やそれに類する政治機構を形成せず、かつ部族的な連合体を形成することもなく、コタンと呼ばれる通常は10戸未満から成る小村単位の生活様式を維持していた。コタンは父系集団によって統制され、その長はコタンコロクルと呼ばれた。
 もっとも、アイヌ民族のコタンが点在する領域をイオルと呼んだが、これとて「国」のような政治的機構ではなく、アイヌ民族の生存場としての地理的な概念であり、イオルを統治する王や首長のような権力者的存在はいなかった。
 こうした生活様式のため、アイヌ民族は歴史上、王やその他元首に相当するような指導的人物を輩出しなかった。しかし、前近代には和人との度重なる戦いを率い、近代以降にはアイヌ民族の地位向上のため、政治的または文化的な活動を率いた指導者は輩出している。
 本連載では、そうしたアイヌ指導者を「アイヌ烈士」と呼び、時代順に列伝の形で通覧していく。時代的には、アイヌ民族と和人の関わりが密接になる15世紀中頃から近現代にまで及ぶ。
 ただし、前近代期アイヌ社会は無文字であり、固有の史料を残さなかったことから、烈士の事績も和人側の記録によらざるを得ない。当連載もそうした制約下にあるが、叙述に当たっては、できる限りアイヌ側の視点に立って烈士の事績を再解釈しながら、見ていくことにしたい。


一 コシャマイン(?‐1457年)

 アイヌ民族がいつ頃から自覚的に形成されたかははっきりしないが、樺太では13世紀代、モンゴル帝国元朝樺太侵攻以後、アイヌと見られる「骨嵬」なる民族集団が対戦相手として登場し、同世紀末には「王不廉古」なる指導者に率いられた骨嵬が黒龍江流域に来襲し、元と交戦した記録もある。
 「王不廉古」は最も初期のアイヌの戦闘指導者かもしれないが、残念ながら、その人物像も事績も判然としない。和人側の史料上、戦闘指導者として記録される最初の烈士は15世紀半ばのコシャマインである。
 コシャマインは、1457年に勃発した和人との最初の大規模な武力衝突でアイヌ軍を率いた指揮官である。和人史料上は首領として描かれるが、アイヌには統一的な部族長のような首領はおらず、戦闘に際して指導者に挙された有力なコタンコロクルの一人だったのであろう。
 15世紀後半期、アイヌは従前の中国・明朝との取引関係が明朝の斜陽化に伴い途絶するようになり、反面で和人との取引関係が拡大していた。この頃には、和人側もそれまでほとんど未踏の領域だった北海道に移住してきた渡党が増加して勢力を伸ばし、アイヌの取引相手となっていたのである。
 そうした背景の下、箱館の志濃里で、アイヌの若者が和人の鍛冶屋に依頼した小刀の出来や価格をめぐって口論となり、鍛冶屋がアイヌの若者を刺殺するという事件があった。この喧嘩殺人が引き金となり、怒れるアイヌ軍と和人軍の大規模な戦闘が勃発した。
 些細な喧嘩殺人から、なぜ戦争規模の武力衝突に至ったかは不明だが、一考するに、同種のアイヌ‐和人間の諍いはこの時代、かなり頻発しており、また和人の渡党勢力が如上のイオルを侵犯する形で拡大してきた状況に対するアイヌ側の不満が鬱積しており、それが殺人事件によって報復戦として刺激されたということであろう。
 この戦いでアイヌ軍を率いたのがコシャマインであったため、「コシャマインの戦い」と呼ばれるこの戦争は当初、アイヌ優勢に推移し、和人側の道南十二館と呼ばれた有力な渡党の拠点中、10の館を落とし、和人を壊滅寸前に追い込む勢いを見せた。
 このような戦いぶりを見ると、コシャマインの戦闘指揮能力とともに、政治的な機構を持たないアイヌがひとたび戦闘となると団結して相当な戦闘力を示すことが見て取れる。このようなアイヌの戦闘時の団結性は、以後もたびたび発揮されていく。
 しかし、和人側でも、花沢館主・蠣崎氏の客将・武田信弘が総大将となり、反撃に出ると、戦いの局面が変わり、信弘が最終的にコシャマインを息子とともに射殺し、アイヌ軍を破ったことで終戦した。
 この戦争は和人とアイヌの関係性にも大きく影響を与え、軍功のあった武田氏が蠣崎氏の娘婿として相続すると、以後、蠣崎氏が渡党の最有力者の地位に上るとともに、アイヌを服属させるようになっていく。そのため、和人との本格的な戦いも16世紀初頭までいったん途絶えることになる。
 このようにコシャマインは敗れたけれども、和人との大規模な戦闘でアイヌ民族の団結性を示したという点で、アイヌ民族としての自覚を強く覚醒させたことも間違いないだろう。その意味では、アイヌ民族にとってもコシャマインと彼の事績は歴史的な転換点となったと言える。

土佐一条氏興亡物語(連載第4回)

四 戦国大名土佐一条氏の盛衰(上) 

 土佐一条氏の初代は京都から下向してきた一条教房であるが、彼は終生公家として生きたのに対し、大名土佐一条氏の実質的な初代は教房の次男・房家である。房家は教房が土佐下向後に土佐で生まれた「土佐っ子」であり、京都へ帰還することなく、土佐の在地領主として自己を確立していった。

 ただし、大名といっても、房家の若年時代は戦国時代の入口であり、土佐一条氏もまだ公家的な性格を残していた。房家自身、正二位の官位と土佐国司の官職を持つ在地公家でもあり、自身の次男・房通を京都の一条氏本家の婿養子に送り込み、本家とも縁戚関係を結ぶなど、京とのつながりを維持していた。
 こうした公家大名としての性格が変わってくるのは、永正の錯乱を境に細川氏が土佐から退去して以降である。といっても、土佐は元来、在地系や外来系の豪族がひしめく地であり、その中でも「土佐七雄」と称される有力国人勢力が細川氏退去後の権力の空白を利用して伸長してきた。
 一般に、土佐七雄とは、本山、吉良、安芸、津野、香宗我部、大平、長宗我部の七氏を指す。このうち出自が比較的明瞭なのは源氏系の吉良氏と甲斐源氏系の香宗我部氏、藤原秀郷系の大平氏くらいで、その余は出自不詳の土豪であるが、このうち長宗我部氏は細川氏に従っていたため、永正の錯乱の後、一時滅亡危機に立たされたところを一条房家に救済されたことは、前回述べた。
 これら七雄に対して、土佐一条氏は直ちに盟主権を行使できたわけではないが、早生した三代目房冬を継いだ四代目房基は攻撃的な勢力拡大策を取って、謀反を起こした津野氏、かつて一条氏の土佐下向を助けた大平氏をも討ち、土佐一条氏を土佐七雄を凌ぐ上位領主の地位に押し上げた。
 その意味で、名実ともに戦国大名一条氏が誕生したのは、四代目一条房基の時と言える。ところが、房基は権力の絶頂期にあったはずの天文十八年(1549年)、享年二十八歳で突然自害する。自害の理由は乱心とされるが、近世の「乱心」は額面通りに受け取れず、政敵による謀殺の可能性も否定し切れない。
 いずれにせよ、土佐一条氏の絶頂期を構築するはずだった房基が自害して果てたことで、土佐一条氏の命運を大きく狂わせたことは間違いない。わずか七歳で跡を継いだ房基の子・五代目兼定の代で、土佐一条氏は大きく傾くことになる。絶頂期が即、終わりの始まりであった。

欧州超小国史(連載第3回)

Ⅰ サン・マリーノ至穏共和国

 

(2)世界最古の共和国として
 サン・マリーノは迫害を逃れた隠者のコミュニティーとして始まったゆえに、歴史的な記録に登場するようになったのは伝承上の建国年から数世紀も後のこととなる。最も早い記録は6世紀初頭頃に当地を訪れた修道士の報告であるが、この時代のサン・マリーノはまだ国家というよりも、修道士共同体の域を出ていなかったようである。
 その後、6世紀後半には、イタリアに侵入してきたゲルマン系ランゴバルド族の一部勢力が建てた自治国家スポレート公国の封土として取り込まれた。公国が8世紀後半以降、同じゲルマン系のフランク族が建てたカロリング帝国の傘下に移ると、サン・マリーノは次第に政治的共同体としても発達していき、事実上の宗教自治都市として司教が統治していることを記す9世紀の報告も現れる。
 最初期のサン・マリーノは住民の家族を基礎単位とする都市国家であり、家族代表から成る評議会(アレンゴ)が最高機関であったと見られる。そして、13世紀半ばに、二名の執政官(カピターノ・レッジェンテ)を執行部とする統治形態が築かれた。このような複数執行部の形態は、今日まで維持されている。サン・マリーノ最初の成文法典は1263年に制定されたというから、執政官の制度と合わせ、今日の共和国体制の基礎は13世紀代に遡るということになる。
 サン・マリーノは辺鄙な山岳都市国家とはいえ、歴史上三度外部から侵略を受け、そのうち二回は中世代のことである。ローマ帝国滅亡後、イタリア半島が分裂・抗争下にあった時代ゆえ、山にこもるサン・マリーノも平穏ではいられなかったのだ。
 中世の侵略はウルビーノ領主のモンテフェルトロ家及びリミニ領主マラテスタ家から受けたが、サン・マリーノはこれを撃退した。「隠者の国」ながら、武にも長けていたようである。1463年には、マラテスタ家に対する軍事同盟にも加わり、これを破っている。
 声望を高めたサン・マリーノに対し、時の教皇ピウス3世はいくつかの城や町を与えたほか、周辺の自治共同体が新たに参加することによって、従来はほぼティターノ山域に限られていた領域が拡大し、今日のサン・マリーノ共和国の領土が形成された。そのため、現存する共和国の名実ともの実質的な成立は15世紀代と言ってもよいだろう。