歴史の余白

内外の埋もれた歴史を再発見するブログ

外様小藩政治経済史(連載第15回)

四 福江藩の場合

 

(2)経済情勢
 福江藩が支配する五島列島は全般に山がちであり、農業適地とは言えず、稲作より畑作に傾斜していた反面、水産資源には恵まれており、藩の財政も水産に支えられていた。その点では、北海道の松前藩と同様、石高制による領地安堵があまり意味を持たない藩であった。
 実のところ、福江藩主・五島氏は、2代盛利の時代までは朝鮮貿易による収益も得ていたが、江戸開府後、幕府の貿易統制が強化され、藩内二か所の自由貿易港が閉鎖となって以降、朝鮮貿易の権利は対馬藩に一本化され、貿易利権を喪失した。
 それに加えて、寛文2年(1662年)には幼年で就任した4代藩主盛勝の後見役を務めた叔父の五島盛清が、後見役退任に際して、1万5千石中の富江領3000石を分知され、旗本・交代寄合として分立したことから、藩財政は分割され、打撃を受けた。
 この分知においてとりわけ問題を生じたのは、捕鯨であった。捕鯨有川湾で盛んであったところ、湾をはさんで福江領と富江領に分離された二つの漁村の間で捕鯨権紛争が生じたのである。この海境紛争は実に30年近くに及んだが、提訴を受けた幕府の裁定によって、福江領側の勝訴で決着した。
 これにより、捕鯨は藩財政において主軸的な歳入源となり、一時藩財政は潤ったが、二度の飢饉に見舞われ、財政難が深刻化する。このため、7代藩主盛道は、宝暦2年(1752年)、上知令による藩士の知行削減や幕府からの2000両借款で窮地をしのぐが、借款返済のため、農民から「高役銀」なる税の徴収を断行したことで、農民の窮乏を招いた。
 こうした窮乏は藩士の生活にも響き、同じく盛道が導入した悪名高い「三年奉公制」(領民の長女を除く娘が15乃至16歳に達すると、藩士宅で3年間無給奉公することを義務付ける制度)という隷役制度も、自力で使用人を雇えない藩士の救済を図る意味があったと見られる。
 寛政年間になると、農民数の激減に対処するため、8代藩主盛運[もりゆき]は、対岸の大村藩に農民の入植を要請し、最終的に3000人ほどの移住者を受け入れることで、農業立て直しを図らざるを得ないほどであった。
 しかし、19世紀に入ると、福江藩主の辺境領主的な地政学布置から、幕府により異国船に対する沿岸防備役を課せられたことに伴う財政負担により財政はますます逼迫したうえ、明和年間以来、再び海境紛争が再燃、40年にわたる係争の末、沿岸は各々、湾の沖合では双方に勝手捕鯨権を認めることとなったため、乱獲で捕鯨が衰退する結果を招いた。こうして、基幹産業も斜陽化する中、幕末を迎えることとなる。

 

シチリアとマルタ―言語の交差点(連載第7回)

六 イスラーム支配とシチリアアラビア語

 ビザンティン帝国支配下にあったシチリアは、9世紀以降、ビザンティンの支配力の低下に伴い、北アフリカ方面から侵攻してきたイスラーム勢力により蚕食されていく。9世紀前半から11世紀末まで続くイスラームシチリア首長国の時代の公用語アラビア語であり、首都パレルモアラビア語風にバルハルムと転訛した。
 シチリア首長国の支配層は北アフリカを支配していたアッバース朝ファーティマ朝から送り込まれたアラブ人総督とその家臣・従者であったが、シチリアに土着し、事実上の独立国家として200年以上持続したことにより、アラビア語シチリア方言、ないしはシチリアアラビア語という新たなアラビア語の一派が形成された。
 シチリアアラビア語北アフリカマグレブ)から持ち込まれたものであるので、その大きな属性はマグレブアラビア語に分類され、初めから標準アラビア語の変形であった。そのうえに、ギリシャ語やラテン語が使用されていたシチリアに転移・土着したことで、それら印欧語族系言語の影響をも被ったと考えられる。
 一方、現代のロマンス語シチリア語に対するシチリアアラビア語の影響は限定的であり、明瞭にアラビア語起源と同定される単語は、せいぜい100語程度にとどまる。その中で最も著名なのは、「マフィア」であろう。その他、イスラーム勢力が振興した農業に関連する単語にも、シチリアアラビア語起源のものが散見される。
 シチリアアラビア語は、シチリアを征服したノルマン人が建てたシチリア・ノルマン王国の治下でも生き残った。ノルマン王国はイスラーム勢力から支配権は奪ったが、イスラーム教徒を放逐はせず、特にイスラーム教徒知識人を積極的に登用したからである。
 しかも、フランス西部のノルマンディー公国を故地とする支配層ノルマン人は王家をはじめ極少数であったから、かれらの言語ノルマン・フランス語はシチリアでは根付かず、アラビア語ギリシャ語、さらにはラテン語も併存する多言語政策を採ることとなった。
 とりわけ、アラビア語は首都パレルモを中心とした東部、ギリシャ語はメッシナを中心とする西部で支配的となるというように、アラビア語ギリシャ語が二大言語として地域的な住み分けを生じたことが特徴的である。
 しかし、その後、シチリア・ノルマン王朝が絶えると、反イスラーム政策を採った神聖ローマ帝国治下で、アラビア語公用語から外され、最終的にスペインのアラゴン王国治下ではラテン語公用語とされたため、14世紀までに、アラビア語は―ギリシャ語ともども―、少なくともシチリアの公文書からは消滅してしまうのである。

土佐一条氏興亡物語(連載第3回)

三 公家大名・土佐一条氏の誕生

 土佐一条氏が、公家から大名に転化していったのは、土佐に疎開した一条教房が現地で晩年にもうけた次男房家の代以降である。彼は教房疎開中の土佐疎開中の文明七年(1475年)、父が50歳を過ぎてから、地元土豪の娘との間に生まれた子であった。従って、父が没した時、まだ幼児であった。
 30歳以上年長の兄政房は応仁の乱の渦中、戦死しており、房家は一条家本家の家督を継ぐ地位にあったはずだが、存命中の祖父兼良の意向により、本家家督は教房の実弟冬良が継ぐこととなった。おそらく、房家の幼年と母の身分素性を忌避してのことだったろう。
 結果、房家は土佐に土着して、土佐一条の家祖となる運命になったのである。小京都の完成は、この一条房家の代のことであり、同時に彼は単なる公家ではなく、応仁の乱後の戦国時代、自らも戦国大名に成長し、中村はその城下町ともなるのである。
 室町時代まで、土佐は細川氏が守護として治める地であったが、元来、守護代細川遠州家も在京しての間接統治であったうえ、細川氏のお家騒動である永正の錯乱(1507年)により、細川氏の支配がいっそう弱体化すると、土佐は地元土豪の割拠するところとなった。
 こうした土豪は俗に「土佐七雄」と呼ばれるが、当初は在京の細川遠州家の下、又守護代の地位にあった大平氏が優勢であった。大平氏平安時代に讃岐守護を任じられて以来、300年以上土佐の地にあった豪族で、縁戚関係のあった一条氏の疎開を仲介したのも大平氏であった。
 一方、管領細川政元との結びつきから土佐で実力を伸ばしていた長宗我部氏は永正の錯乱で政元が暗殺されると後ろ盾を失い、時の当主・長宗我部兼序は大平氏を含む他の土豪勢力の攻撃を受け、敗北した。この時、自害した兼序の遺児・国親を保護し、長宗我部氏再興を助けたのが一条房家であった。
 後年、土佐一条氏が長宗我部氏に乗っ取られることを考えると、このことは歴史的な皮肉であるが、当面、土佐一条氏は長宗我部氏と結んで大名化する一方、房家は公家としても従二位・土佐国司の地位を持ち、「七雄」を超える存在たる公家大名として、土佐の盟主にのし上がっていったのであった。