歴史の余白

内外の埋もれた歴史を再発見するブログ

欧州超小国史(連載第4回)

Ⅰ サン・マリーノ至穏共和国 

 

(3)憲法制定から教皇による承認へ
 サン・マリーノの共和国としての基礎は、15世紀後半、ファエターノ集落が最後の構成共同体として参加し、9つの共同体のまとまりから成る国が形成されて一応完成を見たと言える。しかし、まだ国際的な承認を得ておらず、自称独立国というにすぎず、その地位は不安定であった。
 そのため、続く16世紀には二度の外部侵略を経験する。最初のものは1503年のチェーザレ・ボルジアによる侵略である。当時、チェーザレ・ボルジアと言えば、教皇アレクサンデル6世を父に持つローマで最有力の貴族にして軍人であり、父教皇ともども野心的なローマ教皇領の拡大政策に乗り出していた。
 チェーザレがサン・マリーノに触手を伸ばしてきたのも、そうした教皇庁の覇権追求の一環と見られる。両者の軍事的な非対称性からすれば、サン・マリーノの征服は容易であったはずのところ、征服目前にして父子同時の発病と父の急死というハプニングに見舞われ、撤退したため、サン・ロマーノは辛くも征服を免れたのだった。
 続いては、1543年、後の教皇ユリウス3世の甥による侵略を受ける。これは500人の歩兵や騎士を含む本格的な侵略だったにもかかわらず、折からの霧によって敵軍が道に迷い、徹底したことで、またもや征服を免れた。
 こうして、サン・マリーノは16世紀における二度の侵略を神風的僥倖により免れたことから、自国の将来性にも自信を深めたようである。16世紀末年の1600年には初めて憲法を制定するが、これは世界最古の成文憲法ともみなされている。
 全六巻から成る憲法はローマ法の影響を受けた刑事法の領域も含む法典集といった体裁のもので、近代的な憲法とはやや様相を異にする。それでも、60人の評議員から成る大総評議会を最高機関とし、執政が行政を担うサン・ロマーノの現行統治機構の基本が早くも定められている。
 サン・マリーノはこの後、1602年に時の教皇クレメンス8世から保護条約によって正式の国家承認を受けることに成功した。この条約は年月をおいて1631年にようやく発効したため、これをもってサン・マリーには国際法上も独立国家として完成された。

シチリアとマルタ―言語の交差点(連載第8回)

七 イスラーム支配とマルタの言語交替

 マルタも、9世紀以降、シチリアと並行してイスラーム勢力の侵攻を受け、その支配下に置かれるが、ここでは11世紀前半になって、改めてイスラーム系シチリア首長国からの集団入植の波が生じた。
 この再入植の正確な時期も原因はよくわかっていないが、何はともあれ、この集団入植はマルタの言語状況を根本から変えたと見られている。すなわち、入植者たちがマルタに持ち込んだシチリアアラビア語がそれ以前の言語(おそらくはビザンティン・ギリシャ語)を押しのけ、全島的な共通語となったのである。
 この言語交替は恒久性を持ち、現代マルタ語もその基底はシチリアアラビア語であり、マルタを欧州地域で唯一、アラビア語を含む阿亜語族系言語を公用語とするユニークな国にしている。
 実際、マルタ語にあっては、語彙全体の三分の一はアラビア語起源であり、中でも代名詞・前置詞・接続詞・関係詞・助動詞など、文を文法的に成り立たせる機能語や抽象的概念を表す単語がアラビア語起源であることは、シチリアアラビア語がいかに深層構造的に定着したかを物語っている。
 こうした言語の上書きとも言える変容が生じたのは、マルタに入植したシチリアイスラーム教徒がいかに多かったか、そしてキリスト教勢力によってイスラーム勢力が駆逐された後も、言語政策的にアラビア語が排除されず、日常語としてそのまま保存されたことを示している。
 その点、言わば「本家」のシチリアアラビア語が、シチリアにおけるキリスト教回復後、語彙に若干の痕跡を残しながらも、ロマンス語系のシチリア語に上書きされ、絶滅していったこととは対照的である。
 こうして「本家」が絶滅すると、それまではシチリアアラビア語のマルタ方言であったものが「本家」から切り離されて、単立のマルタ語となった。そして、島内でさらに地域的な方言分化を生じていった。
 現代マルタ語は標準マルタ語を含め六つの方言群に分かれているが、後の歴史の進行過程でイタリア語や英語の影響を被った標準マルタ語に比べ、その他の方言はプロト・マルタ語としてのアラビア語起源の特徴を濃厚に残していると言われる。

シリーズ:失われた権門勢家(第3回)

三 ユリウス・カエサル

 

(1)出自
 ローマ帝国の礎を築いた将軍にして独裁官ガイウス・ユリウス・カエサルに始まる家系。ただし、彼が出自したユリウス氏族は、元来イタリア中部のアルバを発祥地とする古いローマ貴族(パトリキ)であるが、カエサルの台頭以前、ローマ政治ではマイナーな存在であった。

 

(2)事績
 ほぼカエサル一代で大きく台頭した家系であり、その事績もカエサルその人の軍功と政治家しての業績がほぼすべてである。その内容はとうてい小さなコラムでは記述し切れないが、将軍としては、ガリア戦争でゲルマニアの地を征服し、ローマ版図を大きく北へ拡張したこと、政治家としては民衆派の指導者として三頭政治を経て独裁官に就任し、共和政から帝政への橋渡しをしたこと、特に初代皇帝アウグストゥスとなる親族のオクタウィアヌスを養子として育成したことである。

 

(3)断絶経緯
 紀元前44年のカエサル暗殺後、プトレマイオス朝エジプト女王クレオパトラ7世との間の息子カエサリオンは母との共同統治を経て、母の自殺後、単独でエジプト王プトレマイオス15世として即位するも、エジプト支配を狙う兄オクタウィアヌスの命により、紀元前30年、17歳で処刑されたため、カエサルの男系は断絶した。最初の妻との間の娘ユリアは三頭政治の同輩ポンペイウスに嫁いだが、女児を出産後、母子ともに死亡したため、女系も断絶した。

 

(4)伝/称後裔氏族等
 カエサルは好色家をもって知られ、クレオパトラ女王をはじめ、生前多くの愛人を持ったが、カエサリオンを除けば、庶子として記録されている者はいないため、庶流家系も残されなかった。
 ただし、姪の子である養子オクタウィアヌスが初代皇帝アウグストゥスとして即位、以後、アウグストゥス外戚サビニ族系氏族クラウディウスの名を合わせたユリウス‐クラウディウス朝がローマ帝国最初の帝室となり、カエサルが果たせなかった野望を実現し、帝国の基礎固めをした。
 ユリウス‐クラウディウス朝はアウグストゥスを介して遠縁ながらカエサル家の後裔家系に当たり、歴代皇帝は公式名にカエサルの名を冠したが、歴代皇帝はいずれも養子を含む遠縁継承のうえ、紀元68年、5代目の暴君ネロの自殺を最後に、皇統から外れた。