歴史の余白

内外の埋もれた歴史を再発見するブログ

ノルマンディー地方史話(連載第16回)

第16話 探検家ラ・サールルイジアナ

 
 北欧バイキングによって領有・開拓されたノルマンディーはフランスの中でも特別な地域で、元来、冒険精神に富むところである。そのことは、フランス領として確定された後も、ノルマンディー人の新大陸に対する飽くなき関心として現れてくる。
 16世紀にノルマンディーが南北アメリカ探検家にとっての玄関口となったことは第15話で見たが、17世紀にもこうした探検熱は続いた。中でも、今日のアメリカ合衆国ルイジアナ州の名付け親となったルネ‐ロベール・カヴリエ・シュ・ド・ラ・サールの探検は歴史的なものであった。

 
 ラ・サールルーアンで比較的裕福な商人の家庭に生まれ、イエズス会員となるが、同会を退会した後、当時ヌーヴェル・フランスと呼ばれたカナダのフランス植民地へ移住した。これは、先に移住していた聖スルピス会司祭の兄を頼ってのことだったようである。
 ヌーヴェル・フランスの礎石を作ったのは17世紀初頭に活躍した探検家サミュエル・ド・シャンプランで、彼はノルマンディー人ではなかったが、その後、ヌーヴェル・フランスにはノルマンディー人の移民が多く定住し、ラ・サールの兄もそうした一人だった。

 
 しかし、ラ・サールはヌーヴェル・フランスの単なる移民にはとどまらず、彼が「中国」に通ずると信じていたルートを発見するべく、ヌーヴェル・フランスを南下する探検に着手した。彼は生涯に三度の探検を行ったが、その間に踏査した領域は今日のカナダとアメリカにまたがる五大湖地方からオハイオ河、ミシシッピ河、メキシコ湾にまで及んだ。
 この長大な探検の結果、彼はヌーヴェル・フランスの本拠であるケベック(現ケベック州)と今日のアメリカ合衆国ミシシッピデルタ地方の間を領域を「発見」し、時のフランス国王ルイ14世―奇しくも、ラ・サールの生年1643年に即位―にちなみ、「ルイジアナ」と命名した。これによって、ヌーヴェル・フランスは南へ大きく領域を拡張することになった。

  
 さらにメキシコ湾岸への延伸を目指すラ・サールの三回目の探検は、船4隻に総勢300人余りを引き連れた大掛かりなもので、探検を超えた植民活動そのものであった。
 一行は海賊の襲撃や座礁などに遭いながらテキサスまで到達し何とか入植地を建設したものの、先住民の襲撃や病気などから生存者36人まで激減、最終的に1687年、ラ・サールは部下の反乱により殺害された。
 ちなみに、ラ・サール隊の難破船の一つ、旗艦ラ・ベル号は1995年にテキサス州マタゴルダ湾の泥中から発見され、2003年にはアメリカとフランスの政府間合意により、残骸の所有権がフランスに返還された。

松平徳川女人列伝(連載第10回)

十五 天英院(1666年‐1741年)

 天英院(本名・近衛熙子[ひろこ])は関白・太政大臣近衛基熙の娘として生まれ、延宝7年(1679年)6月、当時はまだ甲府藩主であった徳川家宣(旧名・綱豊)に嫁いだ。この婚姻について、父の基熙はひどく不服であり、幕府からの圧力でやむを得ず承諾したとされる。
 基熙は武家との婚姻は家訓に反すると主張していたが、甲府徳川家という徳川一門の中で御三家より家格の低い家系との婚姻に不服があったのかもしれない。しかし、めぐりあわせで、世子のない5代将軍綱吉が甥に当たる綱豊を後継に定めたことで、綱豊が6代将軍家宣となり、熙子も将軍正室に格上げされた。
 結果として、基熙は将軍の舅となり、一転して親幕派公家の筆頭として、豊臣秀吉以来空席となっていた太政大臣に就任し、朝廷で権勢を振るうようになったため、この時期の朝幕関係は歴史上最も安定化した。
 熙子は将軍正室として形式的な立場にとどまらず、二人の子を出産したが、いずれも夭折し、世子を残すことはできないまま、正徳2年(1712年)に夫の家宣と死別すると、落飾して天英院と号した。
 しかし、熙子は跡を継いだ義理の息子の家継が幼少であったせいか、落飾後も江戸城を出ず、大奥首座として居残り、大奥のみならず、表の政治に関しても隠然たる影響力を持ったと見られる。夭折したため短期で終わった第7代家継時代は、ある意味で天英院時代であったとも言える。
 天英院は、次項で見る生島絵島事件の処理でも何らかの関与をし、さらに第8代将軍として紀州徳川家の吉宗が抜擢されたのも天英院の指名によるとされるなど、将軍家存続のうえでも決定的な役割を果たした。
 その後、正室不在の吉宗時代にも大奥に居残り、寛保元年(1741年)、当時としては長命の76歳で没するまで、影響力を保持した。吉宗の生前隠居はその四年後のことであるから、吉宗将軍時代の大半に天英院が何らかの影響力を行使していた可能性がある。
 
十六 月光院(1685年‐1752年)
 しばしば天英院のライバルとして描かれる月光院(本名・勝田輝子)は元武家の僧侶を父に持ち、京極家や戸田家での奉公を経て、甲府徳川家に出仕するようになったが、間もなく家宣の寵愛を得て、側室・喜世の方となった。
 このように月光院は正室・天英院とは対照的な出自を持つが、天英院と違ったのは、世子を産んだことである。これが第7代将軍となる家継であり、結果として、家宣死去後は将軍生母としての地位が固まり、落飾して月光院を号した彼女は大奥でも天英院に次ぐ次席となった。
 この時期の月光院の権勢は相当なもので、将軍最側近の間部詮房や先代からの儒臣・新井白石らと結び、大奥首座の天英院を凌駕しかねない勢いであったが、一方で幼少将軍のもと、大奥風紀の乱れが指摘されるようになった。
 それを象徴するのが、月光院付き幹部女中(御年寄)の江島が月光院名代として家宣墓参で増上寺へ赴いた帰り、芝居小屋に立ち寄り、なおかつ人気歌舞伎役者・生島新五郎との宴席に出て門限に遅れるという「事件」であった。
 世上、江島生島事件として知られる本件は必要以上にフレームアップされ、月光院と生島が当時は禁断の関係を持ったという容疑(江島は否認、生島は拷問により自白)のもと、評定所による大々的な審理に発展し、当事者の江島は死罪を一等免じて遠島の審決を受けたが、月光院の嘆願でさらに減刑のうえ信濃の高遠藩お預けとなった。
 本件ではその他の大奥関係者から月光院の兄弟や芝居小屋の座長に至るまで、多数が連座処罰され、大奥史上最大の不祥事となった。これを機に月光院の権勢は失墜し、さらに実子の将軍・家継が8歳で夭折し吉宗が後継者となると、大奥を離れることとなった。
 本来は表向きの政治に関与しない大奥の建前上、事件処理に天英院がどのように関与したかは不明であるが、事件を契機とする月光院との命運の分かれを見ると、天英院がこの事件を大いに利用して権勢を取り戻したということは充分に想定できるところである。

私家版アイヌ烈士列伝(連載第3回)

三 チコモタイン(生没年不詳)/ハシタイン(生没年不詳)

 アイヌ烈士と言えば、和人勢力との戦いで活躍した武闘派人物に偏る傾向を否めないが、逆に、和人勢力との和平で功績のあった人物も一種の烈士に含めてみたい。そうした場合、1550年(異説あり)にアイヌと和人勢力との間で結ばれた講和協定「夷狄の商舶往還の法度」でアイヌ側代表者となったチコモタインとハシタインの二人を挙げることができる。
 二人の詳細な履歴は不明であるが、両人とも渡島半島アイヌの有力者で、チコモタインは東部シリウチ(現知内町)、ハシタインは西部セタナイ(旧瀬棚町:現せたな町の一部)に根拠を持ち、半島東西の代表者として、講和協議に参加したと見られる。
 この協定はコシャマインの蜂起以来、百年近くにわたって続いてきたアイヌと和人の間の紛争を解決するべく、蝦夷地の渡党指導者として地位を確立しつつあった蠣崎氏(後の松前氏:当代は蠣崎季広)との間で結ばれたものである。
 この協定の重要な点は、アイヌ領域と和人領域を初めて明確に画定し、シリウチ乃至天河(天の川:現上ノ国町)より北東域をアイヌ地とし、松前(蠣崎氏本拠)及び天河は和人地とする旨を約したことである。
 そのうえで、チコモタインに「東夷尹」(ひがしえぞのかみ)、ハシタインには「西夷尹」(にしえぞのかみ)の称号を与えるとともに、蠣崎氏を和人勢力の代表者と認め、商取引の統制者とすることで合意されたのであった。
 これによって、チコモタインとハシタインは渡島半島アイヌの東西の首長となったばかりか、蠣崎氏が和人との交易で徴収した関銭の一部をチコモタインとハシタインがそれぞれ収取するという一種の徴税権まで獲得した。
 このように和人勢力とほぼ対等的な協定の締結に至ったのは、それだけ和人勢力が過去のアイヌとの戦争で苦戦させられていたこともあろうが、アイヌ側代表者のチコモタインとハシタインも相当な外交的交渉力を備えたタフ・ネゴシエーターであったに違いない。
 この講和協定は江戸幕府が開かれた後も基本的には継続され、江戸幕府が開かれるまでの半世紀余りはアイヌと和人の関係性が歴史上最も安定した時期であったが、江戸幕府が開かれ、蠣崎氏改め松前氏が松前藩主としてアイヌ交易の独占権を付与されると、アイヌと和人勢力との関係性が和人優位に変化していく。それにより、再び武闘派烈士の時代が訪れることになる。